PiPiRE公式サイト

PiPiREの使い方 - 設定

ダウンロード

旧バージョンからバージョンアップされる方へ

新データをダウンロードして解凍後、旧バージョンのfilesフォルダ内にある「data.mdb」ファイルを新バージョンの同フォルダへ上書きコピーしてください。

※バージョンアップによるデータ損失を防ぐため、必ずバックアップをしてからバージョンアップしてください。

→バックアップ方法:POSレジフォルダ内の「POSレジ.xls」「files」フォルダ内全てのファイルを別なフォルダへコピーするだけで完了です。

※ご自身でカスタマイズされている方は、バージョンアップすることでカスタマイズ内容がリセットされますのでご注意ください。

動作対象機種

WindowsVista / Windows7 / Windows8 /Windows10 のパソコンかつ、
Excel2007~2016 が入っているパソコン。

注意事項

・エクセルは32ビット版のみ対応。
・推奨レシートプリンタを使用するにはExcel2007以降が必要
・画面解像度:1024×768ピクセル以上

ダウンロード

バージョン1.5(2015.11.6 アップデート)

ダウンロードから起動まで:手順1

上記の「ダウンロード」をクリックし、ファイルをデスクトップなどに保存してください。
その後、ダウンロードしたファイルを「右クリック」→「すべて展開」操作にて、解凍をしてください。

ダウンロードから起動まで:手順2

解凍を行うと、同じ名前のフォルダが作成されます。そのフォルダを開くと「POSレジ」というExcelファイルが入っています。それを開いてください

ダウンロードから起動まで:手順3

・Excel2000 ~ 2003の場合
マクロを有効にするかどうか聞いてきますので、「マクロを有効にする」を選択してください。

・Excel2007 ~ の場合
以下の画面のようにセキュリティの警告が出ます。「オプション」ボタンを押して、「このコンテンツを有効にする」にしてください。

以上で完了です。ダウンロード後の使用方法は、メニュー画面に表示されている操作方法等を参照してください。

まずは使ってみよう

ぴぴレをダウンロードし、無事に起動するところまで来ましたか?

うまく起動できたら以下のような画面が表示されます。まずは難しいことは考えずに「開店処理」ボタンを押してみましょう。

「開店しました」というメッセージが表示されますので「OK」すると、「売上登録」ボタンが押せるようになります。これもポチっと押してみましょう。

じゃーん!これが売上登録の画面です。

以下の手順に従っていちど画面のボタンを押してみてください。

 [1] → [0] → [0] → [分類1]
 [2] → [0] → [0] → [分類2]
 [3] → [F9複数] → [1] → [0] → [0] → [分類3]

以下のような画面になりましたか?

以下の商品をお買い上げになったという入力をしました。
「分類1」の商品100円が1つ
「分類2」の商品200円が1つ
「分類3」の商品100円が3つ

では、次に「小計」を押してみましょう。以下のような清算画面が表示されます。

 [1] → [0] → [0] → [0] → [確定]

と押してみてください。これで1,000円のお預りです。

お釣りは400円になりま~す♪

これで会計は完了です。[F1戻る] を押して、次の会計画面に移りましょう。

いかがでしたか?これで、もうあなたも立派なPOSレジユーザーです!

画面を閉じてメニューへ画面へ戻ると、「開店処理」のボタンの左に本日の売上累計が表示されます。

うまくPOSレジを活用して、この数字がどんどん大きくなるようにしましょう!

店舗名などの初期設定をする

店舗名などの初期設定をする。

「基本情報」を押します。

以下の画面が表示されます。

この画面にて、まずは「店舗情報」欄にある
・店舗名
・住所
・電話番号
を入力し、「保存」ボタンを押してください。

ワンタッチキーのページ名をつける

「ワンタッチキー」とは、売上登録の画面にある、押すだけで商品購入の登録ができる機能です。

そして、「ワンタッチキーページ」とは、ボタンが沢山ある場合や分類別で分けたい場合にページごとに分ける機能のことです。(初期状態では「ページ1」、「ページ2」…という名前になってます)

このページ名を変更することができます。
メニューの「設定」ボタンを押し、「ワンタッチキーページ」ボタンを押します。

左側に既に登録されているページ名が表示されますので、変更したいものを押します。

すると右側の入力欄に内容が表示されますので、ここで書き換えて「登録」ボタンを押します。

商品カテゴリの設定をする

商品カテゴリは、お店にある商品を分類ごとに分けるために使います。ここで設定したカテゴリごとに売上や粗利の集計がされるようになりますので、とても大切な作業です。

メニューの「設定」ボタンを押し、「ワンタッチキーページ」ボタンを押します。

カテゴリを追加する

カテゴリコード・カテゴリ名・表示順(カテゴリコードと同じでもOKです)を入力し、「保存」を押すと、カテゴリが追加できます。

登録済みカテゴリの変更をする

左側の一覧を押し、内容を書き換え「保存」を押すと、変更することができます。

カテゴリを削除する

左側の一覧を押し、「削除」ボタンを押すと削除できます。ただし、カテゴリを削除すると過去の売上にて、このカテゴリが表示されなくなりますので注意してください!間違えて削除しても、再度登録すれば過去の売上も表示されます。

商品を登録する

さて、店舗名設定・商品カテゴリの設定が終わったら次はいよいよ商品設定です。これができれば、もう、準備万端です。

まずはメニューの「設定」ボタンを押し、「商品マスタ」を押します。

各項目の意味は以下の通りです。

商品コード

商品にバーコードがある場合は、バーコードを入力してください。
それ以外の場合は好きな数字を入れてください。
初期状態では、1~6まで登録されています。

商品名・ふりがな

好きな名前を入力してください。

区分

通常は「PLU(単価が決まっている)」選択します。
量り売りなどで都度単価が変わる場合などは「NonPLU(都度単価が変わる)」を設定します。

カテゴリ

商品カテゴリの設定をする画面にて設定したカテゴリを選択します。

消費税

通常は「課税」です。補聴器など、非課税商品の場合は「非課税」を選択します。

売価・原価

実際の商品の単価を入力してください。
原価は空欄でもいいですが、入力すればいろいろな分析に役立ちます。

在庫数

在庫管理をしたい場合は数量を入力してください。
0(ゼロ)の場合、在庫管理をしません。

以上を入力すれば、設定は完了です。「保存」ボタンを押して内容を保存してください。

合わせて、ワンタッチキー欄の設定をすると、下の画像のように、売上登録画面に商品のボタンを表示させることができます。

ショートカットキー

a~zまでのアルファベットを入力します。入力すると、売上登録画面で、キーボートの該当キーを押すだけで売上登録できるようになります。

ワンタッチキーページ

ワンタッチキーページの名前をつける画面で設定したページを選択します。

ページ内の場所

ワンタッチキーの表示される場所を選択します。数字に対応する場所は右側の表を参照してください。

商品略称

ワンタッチキーに表示される名前を登録します。6文字以内が最適です。

キーの色

ワンタッチキーの色を設定できます。工夫して画面が見やすくなるようにしてくださいね。

上記の画像のように商品登録すると、下記の画像のような売上登録画面になります。

まとめて大量に登録したい場合は、メニューの「設定」ボタンを押し「商品マスタ」ボタン右側の「インポート」を活用してください。

商品マスタの内容を変更する

登録済みの商品情報を変更する方法を説明します。

まずはメニューの「設定」ボタンを押し、「商品マスタ」を押します。「商品コード欄」に登録済みのコードを入力し、エンターを押すか商品のバーコードをスキャンすると、登録済みの商品の詳細が表示されます。商品コードが分からない場合、「商品コード」欄右側の「商品検索」ボタンを押します。

条件を指定し、右下の「検索」ボタンをクリックすると一覧が表示されます。内容を変更したい商品名をダブルクリックすると、登録済みの商品の詳細が表示されます。

あとは、新規登録と同様に内容を修正し、「保存」ボタンを押せば完了です。